★人気blogランキング★ 応援よろしくお願いしますm(__)m

2009年01月07日

利益の上げ方はいろいろある。

利益を上げる方法って何があるでしょう。


安く買うこと。

高く売ること。


これが一番分かりやすい方法ですね。

でも、これ以外にも利益を上げる方法ってあるわけで。



とってもお勧めの記事があるので紹介します。

「誰でも分かる決算書入門〜仕事のヒントが隠れている」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/skillup/account/



決算書の読み方を紹介している記事なのですが、

これは本当に分かりやすいです。

物語仕立てになっていて、簿記を知らない人でもはじめから読めば

きっと理解できます。

読むときは、下の記事から読んでくださいね。
(上に行くほど新しい記事になっています。)



この記事の中で、経費や工数を下げることで利益を上げることが

紹介されています。

以前記事に書いたことですが、

せどりを時給にするといくらになるか、と。

せどりにかかる時間は


・仕入(せどり)

・商品チェック&クリーニング

・出品

・梱包&出荷

・価格調整

・在庫処分

・(場合によってはリストの作成や媒体の更新など)

と結構な時間が使われています。

時給にすると実は1000円を切っていた、なんて悲しいことに

なっていませんか?

私は調子いいときで2000円くらい。

悪いときは1500円を下回ります。

大学時代にやっていた家庭教師のバイトのほうが全然上です・・・。

時給3000円とかでしたから。。


さて、これを3000円に上げるためにはどうすればよいか。

最近はこれに重点を置いています。

目標は5000円ですが。



記事ではうどん屋さんの利益を上げるためにはどうすればよいかが

紹介されていました。

これはせどりにももちろん応用可能です。

作業の効率を上げる、経費を切り詰めるなどして

良質の仕入が続かなくても時給3000円に近づけることはできるはず。



その中の1つが「送料の削減」でした。

収穫の時期はもうすぐです・・・。


応援クリックよろしくですm(__)m


posted by ささかま@せどり at 21:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | せどり

訣別

昨日、20点のメール便を持っていった際に

軽く価格交渉をしてみました。

ですが、

「うちはそういうのはやってないんですよ。」

とのこと。

月数千単位で出しているところでも正規料金でやっているのだそうだ。



で、他のところで割引されているところがあると伝えたところ

「そういうのはいけないので場所を教えてもらえますか。」

といわれた。

むろん、馬鹿正直に答えたりはしません。


その後の雑談の中で、

「センターによってルールって違うんですねぇ」

といったときにも

「そうですね」

との回答があったことから、このセンターのハウスルールとして

大口割引をしない、ということなのだろう。



つまり「出す場所は選べ!」ということ。



ちなみのこの20点のうち、80円になったのはたった1点だった。

・・・ありえない。

・・・絶対にありえない!

これで、私の心は決まった。

訣別だ。


この交渉決裂は1年以上のお付き合いの訣別です。

ただ、ここで訣別するためには1つの問題をクリアしなければ

なりません。

なぜなら、どこかに出さなければいけないことに代わりが

ないからです。

メール便を使わないという選択肢は論外であることは誰も

否定しないでしょう。

かといって毎日遠くの集荷センターまで持っていくのは厳しすぎます。

だからといってコンビニは論外です。

黄色の悪魔にやられます。


前々回の記事を読んでもらえば分かりますが、一番簡単なのは

SDさんと仲良くなることです。

これしかありません。

では、日中渡せない人はどうやって受け渡すか?


宅配ボックスがあったり、玄関に影があったりすれば置くことも

できるでしょう。

ですが、私の場所にはどちらも満たされません。

引っ越すという手もありますが、もっと身近にすませる方法を

見つけました。

それは・・・また紹介できる機会があれば。


今はこの方法は私にしか使えないので・・・。

(近い方法はできるんでしょうが。)

応援クリックよろしくですm(__)m


posted by ささかま@せどり at 21:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | せどり
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。