★人気blogランキング★ 応援よろしくお願いしますm(__)m

2009年02月26日

明治の中学生

「最近の中学生は、小説本ばかり読んでいる。読むべき本はたくさんあろうに、ためにならぬ小説に読みふけるとは、いやはやなげかわしいことだ。」



昨日、本の話を書いていたら無性に出久根達郎さんの本が
読みたくなって引っ張り出して読んでます。

いつのまにやら本の虫 (講談社文庫)
出久根 達郎
講談社
売り上げランキング: 651810
おすすめ度の平均: 4.0
4 「本の虫」 と 「本を無視」
4 本の虫、集まれ


冒頭のくだりは、この本の「明治の世」というエッセイのはじめです。

言ったのは出久根さんではなくて岡本経朝さんという明治の
作家さんが「近世百物がたり」に書いたものを引用されてて

それを引用させてもらいました(^^


小説を軽んじる傾向は明治時代からずっと続いてるんですね。

このエッセイの中ほどには
「現今の中学生は小説どころか本も読まない」
というくだりが。

書かれたのが1996年。

13年前ですか。


今の中学生は、その当時より結構読んでるんじゃないですかね。

・・・携帯で。


私も携帯小説を読んだことありますが・・・

たぶん2度と読まないでしょうね。



面白くないんですもの。。

応援クリックよろしくですm(__)m


posted by ささかま@せどり at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | せどり

2009年02月25日

文章作成

新刊コーナーをフラフラ歩いてると、ふと気になることが。

ここのところ文章作成に関する本がやたらと増えてるような。

ケータイ小説ブームだった2007年でもぽろぽろ出てはいたけど。
最近なんだか尋常じゃないくらいに増えてる。
1ブロック平積みで埋まるくらいに。

半分くらいがオタク系に向けてる感じの小説やシナリオ作法。
平積みにされてるくらいだからきっと売れてるんだろうなぁ。
それにしても1コーナーできるくらいとは。
パラパラっと見たところ、誰でも書けるとか・・・ねぇ。

Wordで100ページ書いたことがある人は分かると思いますが、
めちゃめちゃキツイですよ??
Wordバグるし(^^;

まぁでも本は書きたいなぁ。
古本屋さんの作家さんはいらっしゃいますが
作家でせどらーとか、ありえない、かな?

↓小説作法関係は回転本多し。何気に面白いなぁ。

ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
ディーン・R. クーンツ
朝日新聞社
売り上げランキング: 3657
おすすめ度の平均: 4.0
5 読み手の心構え
4 小説の書き方のハウツー本としては、これ一冊でよいかも
5 娯楽なのに「けだかい」。
5 「費用対効果」
2 私には大味でした


応援クリックよろしくですm(__)m


posted by ささかま@せどり at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(1) | せどり
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。