★人気blogランキング★ 応援よろしくお願いしますm(__)m

2009年02月28日

アホとバカの境界線には

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)
松本 修
新潮社
売り上げランキング: 19785
おすすめ度の平均: 4.5
4 琴線に触れた
5 方言への熱意は郷土への愛
5 「ことば」の伝播する速度は1年に1キロ。
4 知的エンターテイメントの良書
5 これこそ知的エンタティナメント!


「探偵!ナイトスクープ」

関西で平均視聴率20%を超える番組がいよいよ全国ネットで
3/15にゴールデン放送されます。

この番組、中学の頃からずーっと見てたのですが、
東京にきてから見られなくなってショックでした。
(のちにU局で見られることを知り、今は楽しんでます♪)

特番らしいので、今後は是非とも全国ネットでレギュラー放送
してもらいたいものです。

今回は有名な「爆発卵」と過去の作品から厳選したものを
放送するらしいです。

個人的にマンホールでワッフル作ったり、ジャンボタニシの卵や
ドブ貝、果ては革靴を料理する「林先生シリーズ」と
「小枝さんのパラダイス」は欠かせないと思います。

そして、あの「謎のビニール紐」。早く解明してください。。
http://funnymoviez.seesaa.net/article/112737489.html

冒頭の本は、おバカな中に知的成分が注入された
「アホとバカの境界線」を調べた放送が書籍化されたものです。

昔は400円前後でかなり回転させてもらいました。
今回のナイトスクープの全国ネットで、価格が若干あがるかも
しれませんね。

肝心のアホとバカの境界線ですが、番組では関東方面から順々に
西に向かっていってました。
そしてバカとちがう回答が出た時、なんと「アホ」ではなくて
「タワケ」が出てきたんです。
この地域は中部地方。
それでバカとタワケの境界線はわかったわけです。

本放送では最後にナイトスクープ局長の上岡さんが
「ではタワケとアホの境界線はどこなのですか。調べてください」
という言葉で、終わります。
そして全国調査の結果、完成したものは特番で放送されました。
それが書籍化されたのが「全国アホ・バカ分布考」です。

この中ではアホ・タワケ・バカのほかにオコ、ボッコ、ボケなどの
文化圏をマップで紹介してます。
そこから見出されるのが京都を中心にほぼ同心円状にアホバカの
分布が生まれているということ。
昔は文化の中心が京都だったことから、新しい言葉は京都の近くで
使われ、古い言葉ほどその伝播が遅く遠くに残っているということ
らしいです。

これが柳田邦夫さんの方言周圏説を証明するものだと言われ、
日本民間放送連盟賞テレビ娯楽部門最優秀賞受賞・
ギャラクシー賞推奨・ATP賞グランプリ受賞
などの賞をもらっています。

この本の後半部は、アホ・バカなどの罵声以外にも、
全く逆のほめ言葉にもアホバカのような違いがあることを
言及していきます。

関東と関西でアホとバカは違うのは有名ですが、
さてさてほめ言葉の違いを知っている方はどれだけいるでしょう??

面白いですよ、この本( ̄ー ̄)ニヤリ

それ以外にもナイトスクープは感動ものもあるので、
笑いあり涙ありの素晴らしい番組ですよ。

これからもずっとあり続けて欲しいものです。

↓小枝さんのパラダイスBOX 3/5発売予定

探偵!ナイトスクープ DVD Vol.9&10 BOX 桂小枝の爆笑パラダイス
よしもとアール・アンド・シー (2009-03-05)
売り上げランキング: 49



↓靴を食べる回が収録されているのはVol8です。

探偵!ナイトスクープ Vol.7&8 BOX [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007-12-19)
売り上げランキング: 5794
おすすめ度の平均: 5.0
5 特にお勧め
5 最高!
4 残念無念…
5 念願のDVD化☆☆☆
5 涙モンですね。


応援クリックよろしくですm(__)m


posted by ささかま@せどり at 12:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | せどり

2009年02月27日

世界の三大美書

世界の奇書101冊 (1978年)

自由国民社
売り上げランキング: 952398


雪降ってましたね。
今年の冬で初めて見たかも。



「世界の奇書101冊」なる本を読んでます。
タイトルから薄々分かりますが、やたらとオカルティックな内容に
なってます。

魔術、錬金術、予言、宗教、生死、そしてエロw

まぁ胡散臭いこと胡散臭いこと。


楽しすぎ。



この中に稀覯本ものがたりなる章がありまして。

冒頭のタイトルのくだりがあるわけです。

世界三大●●なんてどうせ日本でしか通用しないのに

とりあえず間違いなくアメリカで三大美人は通用しないでしょう(^^;


さてさて、肝心の三大美書ですが

ウィリアムモリスの「チョーサー著作集」という本が一つ。
刊行部数は紙刷本425部、ヴェラム刷本13部。
日本で10部程度入荷されたらしいです。

2冊目はコブデン・サンダーソンとサー・エメリ・ウォーカーの
共同で作られた「聖書」で紙刷本500部、ヴェラム刷本2部。
こちらも日本に10部程度入っているようです。

最後がサン・ジャン・ホーンビイの「ダンテ著作集」。
紙刷本105部、ヴェラム本6部。
日本には2,3冊入荷されているかもしれない、とのこと。

この3冊全てを持っているのは図書館などではなく
個人所有者が2名のみ。

3冊そろったときの市場価格は約400万円だって。

↓3冊そろってる画像
http://www.sanwa-s.com/web2nd/sandai.htm

うーん、美書、なのかな??
よくわかんないですねぇ。
美書とか言う割には400万ぽっちなのも・・・ちょっと意外。

ちなみに兎月書房版の妖奇伝はまんだらけさんで50万で買取
してるそうです。
売ってた時は100万でしたっけ?
著者の水木さん本人も所有してないそうなので、発見できる
可能性は皆無でしょうが・・・
手塚治虫さんの新宝島の初版も100万オーバーで有名ですね。
こちらは美本が3冊あるだけでしたっけ。

そう考えると、日本の漫画ってすごいなぁ・・・というか
まんだらけさんすごいなぁと思います。
市場を作らないと価値なんて生み出されないわけで。

「価値のないものを流通させて価値を作る」というのは
最近じゃ流通に乗らない地魚をネットで繋いで販売する
地魚ネットが有名になりましよねぇ。

http://jizakana.net/

市場を作ったものが商売を制するとつくづく思いつつ
へこへことマケプレを使いながらアマ税を貢ぐ今日この頃に
ちょっぴり矛盾を感じてしまいました。



ところで、ヴェラム刷ってなんじゃらほいって方。
子牛皮らしいです。
羊皮紙のほうが有名ですがヴェラムも羊皮紙として
使われたらしいのでどっちがどっちなのかわかんないですね・・・

まぁ子牛皮でも羊皮紙でもどっちでもいいんですが、
この本の中には、もうちょっと気持ち悪い材料の本が紹介されてて。

そういう本は下手装本と呼ばれてて、材料が・・・

みの虫の巣、白樺、ヘビ、トカゲの皮、そして人の皮

絶対にせどりたくない・・・

応援クリックよろしくですm(__)m


posted by ささかま@せどり at 22:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | せどり
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。